ヘアカラーにおけるトリートメントのコツ

ヘアカラーを行った後には、きちんとトリートメントを行わなければ、髪の毛が傷むだけでなく、カラーの退色が早まるなどの様々なデメリットが生じます。カラー直後にはシャンプーを使用した洗髪のすぐ後にコンディショナーなどを使用したケアを行うことが望ましいですが、タオルドライ後にも椿油系のケア剤でお手入れを行うと更にケア効果が高いです。色味を長持ちさせたい場合には、普段のトリートメントで使用するケア剤ではなく、専用のケア剤を使用すると色持ちの期間に大きな差が生じます。髪の質は一人一人異なるため、ケア剤を選ぶときには、美容師に相談してから購入した方が無難です。日本人の場合には、色が抜けてくると、黄味がちの色合いになっていくため、トーンが高い場合には、紫シャンプーなどを使用すると黄味の強さを抑えることが出来ます。髪に赤みが出てしまう場合には、青や緑の色合いが含まれているコンディショナーを使用すると赤みを抑えることが可能です。

トリートメントカラー

最近は黒髪が流行したりもしていますが、それにしてもまだまだ髪に多少でも色を入れている人のほうが多いのではないでしょうか。髪を軽く見せるため、白髪を隠すため、おしゃれにみせるため、理由はそれぞれですが実に多くの方が髪を染めています。そしてそのほとんどの人が髪のダメージを感じたことがあるはずです。髪を染め続けているうちは痛みとの戦いになります。念入りにトリートメントをしてケアをしていく必要があります。手間もお金もかかりますし大変ですが、ケアをせずにいると髪が痛みすぎでカラーが入らなくなることもあります。ヘアカラーをするかぎりは覚悟してしっかりケアを行うことです。せっかく綺麗になるために染めているのに髪が痛んでしまったら綺麗にはみえません。髪は傷めたくないけれどどうしても染めたいという方の多くはトリートメントカラーを使用しています。これはヘアマニキュアのようなもので、髪に色を浸透させるのではなく表面にのみ色をつけるので、髪や頭皮へのダメージが少なくて済み、おすすめです。

おすすめWEBサイト 5選

グランドセイコー 買取

最終更新日:2016/7/1